シミ消し薬

シミ消しはお薬で!

できてしまったシミ!

 

消しゴムで消すようにシミが消えてくれたら・・・・!

 

シミにはお薬でのケアが一番です。

 

 

一番おすすめのシミ消し薬を今すぐチェック!<<

 

 

シミ消し,薬,シミを消す

 

 

お薬なら 美白への薬効が認められていますので いちはやいシミ対策ができるといま口コミでも大評判。

 

あなたも いますぐシミ消し薬でケアを始めてみませんか?

 

話題の市販シミ薬をランキングでご紹介中。

 

 

発表!シミ消し薬ランキング

 

人気のシミ消し薬をランキングでご紹介しています。

 

ロスミンローヤルで本気のシミ消しケアの特徴

ロスミンローヤルは いま一番話題のシミの飲み薬

美白有効成分ビタミンCとL-システインに加えて体のめぐりをサポートする生薬も配合

美白成分がお肌のすみずみまで行き渡りやすく 効果が実感しやすいことで定評があります。

また、シミだけでなくシワへの効果も認められたお薬なので、美白だけでなくトータルアンチエイジングのお薬としても活用できます。

今なら初回購入が 75パーセント引きの1,900円(送料無料)。

実力派のシミの飲み薬気軽に試すチャンスです!

価格 1,900(税別)円
評価 評価5
備考 初回は75パーセントオフ!シミだけでなくシワへの効果も

ホワイピュアの特徴

ホワイピュアは 芸能人も愛用していることで話題のシミのお薬。

ビタミンCの配合量が1,000r,L-システインが240rと最大量配合で 美肌セレブの間でも話題沸騰中注目のお薬です。

いまあるシミのケアに加えて 積極的にシミの予防をしたい方にもおすすめです。

今なら初回が2,900円(税別)、プレゼント付きです。

価格 2,900(税別)円
評価 評価4.5
備考 芸能人も注目の話題のシミのお薬

バナー原稿imp

ポーラ ホワイトショットの特徴

長年の美白研究で知られるポーラから、シミ対策用のサプリが登場。

ポーラ独自の成分ブランノール配合で サプリメントでありながら美白効果が実感しやすいことで大人気。

美白だけでなく 体の内側からの美容ケアにも興味がある方に特におすすめです。

価格 6,696(税込)円
評価 評価4.5
備考 美白のPOLAが研究開発。効果が実感しやすいと美容マニアの間でも人気!

 

 

シミ消しには飲み薬がおすすめ!

 

シミ消し,薬,シミを消す

 

お肌のシミ消し、決めて手となるのは 実は飲み薬。

 

シミケアはお肌の外から美白アイテムを塗るという印象が強いかもしれませんが、本格的なシミ消しには飲み薬が欠かせません。

 

実際に皮膚科のシミ治療では 飲み薬を処方されることが多く、それだけお肌の内側からのシミ消しケアは重要なのです。

 

皮膚科でのシミの相談は 原則として自由診療。つまり保険が効きません。

 

ですので 飲み薬を処方してもらうだけでも とても高額になるのですが、最近ではシミ消し効果で定評のある市販薬も増えています。

 

市販薬でしたら 処方箋も不要ですし、割引制度があるお薬もあります。

 

まずは 今すぐ試してみることをおすすめします。

 

 

飲み薬がシミを消す仕組み

 

シミ消し,薬,シミを消す

 

飲み薬でシミを消すって どういう仕組みなのでしょうか?

 

シミというと 美白化粧品でお肌の外側からのケアをする方法もあります。

 

お肌の外側から美白成分を浸透させるのとは違い、飲み薬はお肌の内側からシミに有効成分がアプローチします。

 

シミ消しのための飲み薬には ビタミンCと L-システインというアミノ酸が配合されているものが主流です。

 

この二つの美白サポート成分には できてしまったシミができるのを抑制する、できてしまったシミを無色化させる、シミのもととなるメラニン色素をお肌の外に排出させるという働きがあります。

 

飲み薬なら お肌の内側からシミのもととなっているメラニン色素に成分が直接行き渡りますので よりお肌に効果が実感しやすくなるのです。

 

また、これらの成分には メラニン色素がお肌の外に出るきっかけとなる肌代謝サイクル=ターンオーバーの正常化をサポートしてくれますので シミが徐々に目立ちにくくなるだけでなく くすみのケアにもなります。

 

 

シミ消し薬の成分とは?

 

シミ消し,薬,シミを消す

 

シミ消し薬には どのような成分が配合されているのでしょうか?

 

シミを消す飲み薬のほとんどに ビタミンCが配合されています。

 

言わずと知れた美白成分であるビタミンCですが、その働きを知っていますか?

 

ビタミンCには

 

・シミのもととなるメラニンを還元化させる

 

・メラニンができにくくなるよう抑制する

 

こういった働きがあります。

 

そして 人気のシミ消し薬には L-システインも配合されています。

 

このL-システインは 私たちの体にもともとあるアミノ酸の成分で、ビタミンCとともに摂取することで 肌代謝サイクル(ターンオーバー)の正常化をサポートする働きがあります。

 

そして メーカーによっては 美肌成分として知られるビタミンE、そのほかにも カルシウム生薬などが配合さているものもあります。

 

シミを消す飲み薬の主成分は 私たちにとってなじみのある成分と言えますね。

 

安心して試してみることをおすすめします。

 

詳しくは 当サイト内 シミ消し薬の成分ビタミンC もご参照下さい。

 

 

 

シミ消し薬とお肌のターンオーバー

 

シミ消しのための飲み薬で欠かせないのが お肌のターンオーバーサポート効果

 

シミを消すのと お肌のターンオーバーは どのような関係があるのでしょうか?

 

私たちのお肌は一定のサイクルで新しく生まれ変わっています

 

新しいお肌ができると 古いお肌はアカとして排出されてゆきます。

 

シミ消し,薬,シミを消す

 

お肌のこの生まれ変わりのサイクルで メラニンは古いお肌と一緒に押し出されてゆくのです。

 

シミがずっと残ってしまうお肌は、このお肌の代謝サイクルが乱れています。

 

ですので シミを消すには お肌の内側から代謝サイクル、つまりターンオーバーを活性化させることが近道なのですね。

 

お肌の生まれ変わりサイクルが正常化することで、シミだけでなく お肌のシワなどのトラブル対策にもなります。

 

シミ消し薬を上手に活用して 若々しい印象のあるお肌作りを目指しましょう。

 

詳しくは シミとお肌のターンオーバーとの関係 をご参照下さい。

 

 

シミ消し薬の選び方

 

シミ消し,薬,シミを消す

 

シミへの効果が実感しやすい飲み薬、種類も増えています。

 

効果的にシミを消す飲み薬を選ぶコツをご紹介しましょう。

 

効果の実感のしやすさで選ぶ

 

ランキングなどを参考に どの飲み薬がシミを消す効果が実感しやすいかチェックしましょう。

 

同じ期間飲むのなら、よりシミ消し効果が期待できる飲み薬のほうが良いですよね。

 

配合されている成分で選ぶ

 

シミを消す飲み薬には、ビタミンC が配合されているものがほとんどです。

 

さらに お肌のターンオーバーをサポートしてくれるL-システインも配合されているものが人気になっています。

 

この他に美肌効果で知られるビタミンEや、体のめぐりサポート成分である生薬などが配合されているものもあります。

 

どようのな成分が どれくらい入っているのかを よくチェックして選ぶようにしてみましょう。

 

割引制度で選ぶ

 

シミ消しのための飲み薬には、割引制度などが充実しているメーカーのものもあります。

 

飲み薬でシミをケアする場合、最低でも2〜3カ月は続けたいもの。

 

ですので 初回購入時だけでなく リピート時の割引制度などがあるのかもチェックしましょう。

 

飲みやすさで選ぶ

 

シミの飲み薬に限らず、飲みにくいお薬というものは 続けるのがつらいものがありますよね。

 

市販のシミ消しのための飲み薬は 糖衣錠でのどにひっかかりにくく、粒も飲みやすい大きさのものかどうかが 選ぶポイントになるでしょう。

 

また、シミのお薬は メーカーによって 一度に飲む量や一日に飲む回数などもさまざまです。

 

どういったお薬が ご自分のライフスタイルに合っているかを確認しておきましょう。

 

健康効果で選ぶ

 

シミを消す飲み薬のほとんどに ビタミンCが配合されています。

 

このビタミンCは 風邪予防などにも効果的な成分ですね。

 

風邪をひきやすい方、健康増進を目指している方は ビタミンCの量が多いシミのお薬を選ぶという方法もあります。

 

また、シミのお薬には 血流をサポートする生薬が配合されているものもあります。

 

冬だけでなく夏場のエアコンなどでも冷え性がつらい、という方は こういったシミ消し薬を活用してみてもよいでしょう。

 

 

シミ消し薬を飲む際の注意点

 

シミ消し薬を飲むにあたって どんなことに注意すべきでしょうか?

 

まずは、決められた量を守るということです。

 

一日何回まで、一回あたり何錠まで、と書いてある限度を超えてはいけません。

 

シミ消しの飲み薬は 比較的体に負担のかかりにくい成分のものがほとんどですが、お薬ですので副作用の危険もありますので量を勝手に増やしてはいけません。

 

昨日 飲み忘れたから 今日2日分、ということはNGです。一度の量は必ず守りましょう。

 

シミ消しの効果をすぐに実感したい!ということでしたら 毎日決められた量を続けるようにしましょう。

 

シミ消し薬

 

また、せっかくシミのお薬をはじめたのに 新たにシミをつくってしまってはもったいないですよね。

 

外出時は日焼け止めなどでの 紫外線対策を強化しましょう。

 

ちょっとそこまでだから、ということで いちいち日焼け止めはちょっと・・・という場合でも 帽子や日傘などを活用することをおすすめします。

 

詳しくは シミを消すには紫外線対策も を ご覧ください。

 

 

シミ消し薬とサプリメントとの違い

 

シミ消し薬

 

シミ消しのために体の内側からのケアを目指すのに なぜサプリメントよりもお薬なのでしょうか?

 

実はお薬というのは、効き目をきちんと認定されたものしか販売できません。

 

シミのお薬として販売されているものは、国からシミに対して効果があると認められているものだけなのです。

 

その反面 美白サプリメントは シミへの効果について このように認定されていません。

 

この点をよく理解した上で利用するようにしましょう。

 

サプリメントのほうが安いから、ドラッグストアなどで手軽に購入できるという理由で利用する方もいるでしょう。

 

シミ消し薬も 初回購入時は 特別割引価格になるものもありますし、送料無料のものも多くなっています。

 

このような制度を上手に利用することをおすすめします。

 

 

シミの種類とお薬

 

シミ消し,薬,シミを消す

 

シミも種類によっては 通常のシミのお薬と別のものでないとケアが難しいことがあります。

 

具体的にご紹介しましょう。

 

 

肝斑

 

肝斑は 両頬や額に薄いシミのようなものが広範囲に出ます。

 

ホルモンバランスが急に乱れることが原因ではないかと考えられており、妊娠や出産 あるいは更年期の女性のお肌に出やすいことで知られています。

 

肝斑は シミ用のお薬ではなく、トラネキサム酸という成分が配合されている飲み薬のほうが効果的です。

 

ですが、肝斑が出ているお肌は シミも同時に出ていることもありますので、この場合は肝斑用の飲み薬に シミ用の塗り薬を使うなどしてケアをすることをおすすめします。

 

詳しくは シミとよく似ている肝斑 もご参照ください。

 

 

イボ状のシミ

 

シミの箇所がぷつっと盛り上がりイボのようになっている場合があります。

 

この場合は イボ用のケアクリームを使うほうが 効果が実感しやすくなります。

 

また、イボだと思っていたら 急に大きくなってきた、という場合は悪性の腫瘍の可能性もありますのでお医者様にかかるようにしましょう。

 

詳しくは イボ状のしみ もご参照ください。

 

そばかす

 

そばかすは 先天性の要素が強いものですが、紫外線の影響で増えたり 濃くなります。

 

このそばかす、シミ用の飲み薬や塗り薬でのケアができます。

 

塗るタイプのケア製品としては 最近ではそばかす専用のジェルクリームなども発売されていますので こういったものも検討してみることをおすすめします。

 

 

シミ消しと塗り薬

 

シミ消し,薬,シミを消す

 

シミのケアに お肌の外から塗り薬や美白クリームを付けるという方法があります。

 

美白作用の強い成分が配合された美白化粧品などをつけることで シミを外側から無色化させるという方法です。

 

シミを消すのには飲み薬の利用がおすすめですが、塗り薬を使ってお肌の内側と外側からの両方からのケアをすることで より効果的なシミ対策ができます。

 

皮膚科のシミ治療でも 飲み薬と塗り薬の両方が処方されることも多く、相乗効果が期待できますね。

 

さて、そのシミの塗り薬ですが、皮膚科で処方されるものと同じ美白成分が配合されたものが市販されるようになり、人気になっています。

 

お医者さんでの処方となると シミの治療は原則として保険の効かない自由診療となりますので 塗り薬を1本処方してもらうのに かなりの費用がかかりますが、同じ成分入りの市販品でしたら とてもお手軽です。

 

しかも、試しやすいトライアルセットなども発売されていますので まずは使ってみて試してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは 当サイト内 シミ消しの外用薬について もご参照ください。

 

 

シミ消し用の塗り薬は美白成分で選ぼう

 

シミ消し用の塗り薬は 配合されている美白成分により 効果の実感の仕方などに違いがあります。

 

ご自分の肌質に合ったものを使うようにしましょう。

 

主な美白成分についてご紹介します。

 

 

ビタミンC

 

ビタミンCはシミの飲み薬と塗り薬の両方に配合されている 美白の王道とも言える成分。

 

食べ物にも含まれるビタミンCですが そのままでは壊れやすいため、塗り薬にはビタミンC誘導体という形で配合されています。

 

ビタミンCには メラニン色素を還元するだけでなく メラニン色素ができるのを抑制する働きがありますので シミを消すケアと シミの予防ケア両方に活用できます。

 

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは シミを消す効果が強いことで知られる美白成分です。

 

その効果の強さから、肌質によっては刺激になりやすいことがあります。

 

市販のシミ用クリームに配合されているハイドロキノン量は 皮膚科処方に比べると少ないのですが、その分お肌に浸透しやすくするなど工夫されているものが多くなっています。

 

 

プラセンタ

 

プラセンタは 胎盤から抽出された成分で アミノ酸を多く含み 高い美肌効果で知られている美白成分です。

 

プラセンタには メラニン色素をお肌の外に排出させたり、メラニン色素がお肌にできるのを抑える働きがあります。

 

お肌の外から塗る美容液や、内服するサプリメントなど 幅広く配合されている成分ですが、長く続けることでシミへの効果が実感できるタイプの成分となっています。

 

シミ消し薬と外科治療

 

シミを消したい!という方なら レーザーなどの外科治療も気になるかもしれません。

 

でも、レーザーには手軽さと引き換えにリスクもあります。

 

レーザーをあてた箇所は照射後1週間くらいかけてカサブタとなります。それが剥がれ落ちるまで保護のためのテープを顔に張り続ける必要があります。

 

それに、カサブタがとれてシミが消せた!と思っても 数年で同じところにシミがまた浮き出てくるといったトラブルもあります。

 

これは レーザーでは お肌の奥のメラニンをすべて排出できなかったことによります。

 

シミ消し薬

 

また、残念なことにレーザーを照射した箇所のシミが前よりも濃くなることもあります。

 

このような場合、飲み薬を処方されるケアになることが一般的です。

 

飲み薬でお肌の奥からメラニンを押し出すケアをしてゆくということです。

 

レーザー治療は すべて自費治療ですので、照射代だけでなく初診料などもかかってきます。

 

照射は一度だけでも、アフターメンテナンスなどで数回は通院することになります。

 

ですので 外科的なシミ消し治療では トータルでの出費面や、リスクなどをよく検討しないといけません。

 

詳しくは 病院でのシミ消し治療について をご参照ください。